小栗香織

小栗香織が乳がんで闘病中、治療には家族の絆が絶対必要です、

女優で写真集のキャスティングプロデューサーや舞台でも活躍中でもある小栗香織が乳がんで闘病中である事が明るみに出ました、本当にまたかと思う程に乳がんにかかる女性が多いですよね、芸能人でこれだけ多いのですから一般人はそれより多いので女性の皆さんは40歳過ぎたら毎年検査する事をオススメします、

彼女の場合は2015年6月20日に母親が悪性の腫瘍で末期であった腎細胞がんの為に死去されていたので、40歳過ぎたら毎年婦人科検診を受けていて、それで昨年末に再検査を受けた時に左胸に影が見つかって経緯があったので、彼女の命は母親が救ったとも言えます、

発見が早くて初期の乳がんと診断されましたが、最初病名を告知された時は「涙も出ないほどショックでした」らしいですが当然ですね、初期とは言えがん細胞の病理検査によって治療法が違うので完治には5~10年は必要と言うから辛いですよ、

小栗香織は現在45歳でもう結婚していて10歳の長男がいるらしく、その息子はママの為に医者になるとまで言ってくれているそうです、そんな子供の為にも頑張っていかなくては行けませんね、

一人では乗り越えられない病気だと家族への感謝を口にした通り、やはり最高の薬は家族なのだと改めて思いました、なので希望の為にも乗り越えて元気な姿を見せて欲しいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA