窓からの室内温度の低下を防ぐ方法

冬になるにつれて暖房器具に頼る生活に移行してきますが、出来れば効率化させて出来るだけ部屋の温度を低下させないでおきたいものです、特にその要因になっているのは窓からの熱の逃げです、

部屋が暖かくて外が寒いと結露が発生しますが、当然境界線では温度が下がって部屋が寒くなって行きます、そうなるとエアコンが温度を維持しようと電力を多く使って暖めようとするのでおのずと電気料金が上昇してしまう要因に、

出来れば窓からの熱の逃げを減らせないかと考えて見たら5つほどあったので紹介したいと思います。

1.ウインドーラジエーターと言う暖房器具を窓際に置く

この器具は窓の一番下の床に設置する暖房器具で隙間風による温度低下を防いでくれる機能があります、これを使用するだけで約2℃ぐらい上昇する効果が得られました。

2.長いサイズのカーテンに変える

カーテンで窓から温度を遮断するのも効果的です、カーテンと窓そ隙間をなくして床に垂れるようにすると熱が逃げにくくなります。

3.断熱シートを貼る

根本的に見えて熱が逃げにくくなります、防寒効果以外にも防音効果の相乗効果もあります、結露も発生しなくなるのでカビの発生も抑制出来ます。

4.窓を二重構造にする

窓と窓の隙間が冷気を遮断してくれます、設置するのは業者に依頼しないといけないとお思いですが、自分で設置出来る物もあるそうなので安心です、ただしその場合は窓のスペースによっては設置出来ないので要確認。

5.ダンボールなどで遮断する

こちらの方法は見た目が良くない為最後の手段ですが、ダンボールで熱が逃げるのを防げます、発砲スチロールでも代用可能です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA