新国立競技場の冷房無し決定に異議、熱中症だらけになるぞ、

2020年に開催される東京五輪とパラリンピックの会場になる新国立競技場の新たな建設計画が決まりました、

前のアーチ型の建設費は2520億円に膨らみましたが、今度のは1550億円に絞り込んだ新計画に決まりました、見た目は味の元スタジアムを大きくしただけのような印象です、

正直見た時はここまで削るのかと思ってしまいました、屋根をつけるのを辞めて座席数も少なくして他の娯楽場所も建てられないのだそうです、

それに加えて驚いた事に冷房施設まで削除してしまうとは何を考えているのかと思っちゃいました、

東京五輪の開催日は2020年の7月24日~8月9日の夏本番にスタートするからです、

熱中症に毎年気をつけるように注意喚起しているこの時期に事もあろうに冷房を削除してしまうなんて無謀だと思います、首相は甲子園にあるかち割り氷を例に挙げて冷房なんて不要と判断したようですがそれは間違いだと言いたいです、

甲子園球場は確かに冷房はありませんが決定的に違うのは殆どが日本人と言う事です、だけど新国立競技場は外国から沢山の選手と観覧者がやってきます、

しかも人数も凄い数です、そこに冷房なしにしたら相当暑くなると思いませんか、しかも屋根がないので倍暑いです、もう間違いなく熱中症だらけになると思いますよ、

それに雨が降ったりして湿度が上昇したりして場合によっては中止になる可能性もあるしいろいろ問題が発生するのでせめて冷房施設だけは削除しない方が良いと私は思いますよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA