山本彩が謎の幻聴に襲われている原因とは、NMB48の為にも適度な休養が必要です、

大阪のなんばのアイドルであるNMB48に所属している山本彩が21歳と若いにも関わらず奇妙な病気に悩まされているようです、それは幻聴なのですが人が居ないにも関わらず周りから複数人の声が聞えてきたり、

部屋で過ごしていると歌声が響いて来たり救急車のサイレンが聞えたりと悩ませられているそうです、今まで山本彩はファンの間では全然休まない鉄人のような精神力を持っている事からNMBの鉄人と呼ばれていたそうです、

こんなエピソードもあります、ある日「小指が痛い」と6月ぐらいに感じていたらしいですが8月に病院で診てもらうまで骨が折れていた事に気付かなかったり事があったんだとか、

これ以外にも40度の高熱を午前中に出してしまい午後のイベントの参加が危うい時にもなんと午後にあっさり熱を下げてイベントに参加している超絶的な精神力を発揮しているのですから鉄人と呼ばれている理由がわかります、

だけどそれは彼女が責任感が強く無理して頑張っていたからだと言えます、だから今回の幻聴は精神的なストレスが蓄積して発症したのではないかと推測されます、

小指が痛みも高熱も無理して我慢し続けた為にそれがストレスになってその負担が大き過ぎる為に聴こえて来るようになったのが確実でしょうね、

幻聴が聞える原因には3種類あります、一つ目はPTSD(心的外傷後ストレス障害)です、ここ最近聞かれている単語で一番有名な病気で過去に精神的に傷つく出来事を経験したりすると発症します、

それはイジメであったり虐待であったり強いストレスが引き金になるそうです、本人には過去の記憶が蘇る感覚がないようですが深層心理が幻聴として聴こえて来るようです、

二つ目は統合失調症という病気です、特に10~20代など若い年齢で一番発症が多く、環境が変化する事で不安で恐ろしい気分になったり切迫したような感覚になると幻聴が聞こえてくるようになるんだとか、

最後はこれは有りえないですがアルコールやシンナーなど薬物に手を染めると幻聴が聴こえて来る場合です、

この3種類の中で一番可能性があるのは統合失調症だと予想します、10代後半からNMB48として頑張ってきたからここに来て無理が来ているようですから、

これから山本彩が頑張っていくつもりなら無理しないで体調が悪い時は休む勇気も必要なのではないでしょうか、NMB48をもっと高みに導いてあげたい気持ちはよく判りますが、

無理だけはしないで他のメンバー達を信じて休養して欲しいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA