えごま油は痴呆症予防に、ココナッツオイルはアルツハイマー病発症者に最適、

林修の今でしょ講座で今日油の事をやっていました、健康に人一倍気を使うのであれば出来るだけサラダ油を使わないでそれらの油を日常的に使うようにして下さい、

今回はその中でえごま油の事を取り上げたいと思います、この中にはαリノレン酸が含まれていています、コレ自体には効果がなく体内に入ると魚にも含まれているEPAやDHAに変化します、それが脳の神経細胞に働きかけてストレスによって死滅する事を避けてくれます、

普通肉体の損傷は細胞によって塞がれますが、神経細胞の場合は死滅すると再生しません、それをEPAやDHAを摂る事で防いでくれるので認知症を予防してくれます、それなら魚を摂れば良いのではと思いますでしょうが、

それを毎日食べる場合は魚を半切れを毎日食べなくてはいけなくなるので苦痛です、だけどえごま油なら大さじ1杯だけで済むのです、しかもうつ病にも効果があります、うつの場合は神経細胞が弱った場所を回復して元気になったり意欲的になる効果があるので積極的に摂りましょう、

だけど欠点があります、それは酸化しやすい事です、

保存は冷蔵庫の中でされた方が長持ちします、開封後は空気になるべく触れないようにして保存しましょう、開けたままして置くとすぐに駄目になるので気をつけて下さい、

それと酸化しやすいので熱にも弱いです、なので熱を加えない方法例えばドレッシング感覚でふりかけるやり方で摂取して下さい、

オススメは卵かけ御飯やお味噌汁に食べる直前に入れてやる方法を推奨します、タンパク質と同時に摂るのが一番良いらしいのでオススメですよ、

前にココナッツオイルも痴呆症の一つアルツハイマー病に効果があると書きましたが、こちらは中鎖脂肪酸が脳のエネルギーとなって改善が期待出来るので、もしもうアルツハイマー病を発病しているならえごま油よりもこちらの油を摂取した方が良いですよ、

もし予防でやるのであれば両方効果があると言えます、この場合は好みでえごま油にするかココナッツオイルにするか決めたら良いと思います、

えごま油に熱に弱くて酸化しやすいけど無臭で無味ですがココナッツオイルはその間逆で熱に強くて酸化しにくく臭いはして味があるので両方試してみるのが一番です、

もし試す場合は少量から試してください、人によっては体調に変化が出るので様子見程度でスタートして下さい、ちなみに私の場合は後者の油で寒気がして夜寝られないぐらい苦しみました、

上手くこれらの油を活用して痴呆症を予防して健康にいましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA