後藤健二が最悪の結果に、日本人の渡米や海外旅行がさらに困難に

ジャーナリストの後藤健二がイスラム国に拘束されていましたが、2月1日の夜明け前に動画投稿サイトに殺害した動画がアップされてしまいました、無事に戻って来て欲しかったですがまさか最悪の結果になってしまうとは残念でなりません、

しかもメッセージもかなり過激な内容でイスラム国は日本を敵と見なしてこれから日本人を見つけたら同じ目になるような事まで英語で言っているのでこれにより海外活動が抑制にならないか懸念されています、

海外では海外留学で渡航している方や仕事でビジネスや業身拡大の為に来ている方などが沢山いるのでその方が心配ですし、何より今回の事で海外で何かやる事に躊躇してしまう企業が減り、それにより日本経済が衰弱してしまう事になるのでこのニュースはこれからの日本に大きな影響を与える事になりそうです、日本は人道支援と言って貧しい国を救済する為に純粋に救助して来たけど、どうも向こうにして見れば別の見方があったんじゃないかと問題になっています、

どうも武力など武器などの費用の支援に使われたんじゃないかと逆に日本に敵対心を持たせる事になっているらしいです、

日本は戦争には参加しないので食糧支援などぐらいしかしない筈なのに、向こうではそれが通じないと言うかそのようにしか伝わらないのは悲しい事です、日本は裕福で向こうは貧困なのでお互い感性が違う事を改めて認識した瞬間でした、

これから日本は渡米者の安全の為にいろいろ対策を講じていかなければいけなくなります、日本大使館のやる事も増えて大変になりますがちゃんと対応策を考えて欲しいです、

当然ジャーナリストの方は報道の自由がありますが強制が出来ませんが、仕事や勉強で渡米している方を守る方法は確実に考えて欲しいです、正直日本人は戦闘は勿論武器の使用は法律で駄目だと決められているので対策は身を守る方法など危険な地域を情報共有して足を踏み入れない事が重要だと考えます、

日本国内ではテロが入ってこないような対策も今まで以上に重要になって来ます、

飛行機ではさらに厳格なチェック体制が必要なのは勿論、船などで密航しないように海洋自衛隊などの強化も必要です、

だけどそれでも心配ですよ、イスラム国は国籍が沢山いる上に一般人のようにしか見えない方が素通りして入国してしまうような気がするからです、武器は無理ですから何も出来ないと思いますけど、工作員として情報収集なんかで入国しないか心配です、

少なくても国内だけは心配ないので大丈夫だと思いますけど、この問題は間違いなく経済を衰退させてしまうる問題を抱えてしまうのでどうにかして欲しいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA