小嶺麗奈も苦しんだノロウィルス、生牡蠣は冬に食べるべからず

女優である小嶺麗奈ノロウィルスに感染していた事が判明しました、どうもとある居酒屋が刺身が美味しいと評判が良かったらしく、そこで注文した生牡蠣を食べて2日後に体調が悪化して嘔吐をし、病院で診察を受けたらノロウィルスと診断されたらしいです、

有名な感染元は牡蠣などの生ものを火を通さずに食べた場合に発症します、特に11~1月までに感染する数が一番多い統計もあるので冬場は特に生で食べないようにした方が良さそうです、

点滴と自己免疫で病気と戦って体調が改善したようですが嘔吐や高熱による関節や腰などの痛みに苦しんだようです、だけどそれぐらいで済んで良かったと思いますよ、

生牡蠣

嘔吐や排泄物の処理の対応しだいでは家族や同僚にうつしてしまう場合があるからです、家族に高齢者が居た場合最悪な結果になる場合があるからです、汗が沢山出る上に下痢などもしますので脱水症状になり脳梗塞になってしまう場合も可能性として有りえるからです、

同僚の場合ももし職場が食品工場などだった場合が最悪です、感染者が触った場合に機械のラインに製品が通る場合に器具感染してしまうからです、そうなるともう小さな会社ならまず潰れるでしょう、信用もなくなるし作った製品は全部廃棄になるからです、

もし症状で嘔吐などが起こったら疑って会社を休んで病院に直行しましょう、

嘔吐までして会社に来いと上司も絶対言わない筈です、逆に休めと言うのは間違いないので原因がわかって治るまで大人しくしましょう、

ノロウィルスはアルコールぐらいじゃ殺菌出来ません、

効果的な方法は次亜塩素酸ナトリウムを200ppmまで薄めて使うと殲滅出来ます、

ただし金属を腐食させる効果があるので洗面所で使う場合はちゃんと流さないと塗料などが剥がれますので注意して下さい、

嘔吐物があった床などにも次亜鉛を含ませたキッチンタオルでちゃんと拭いて下さい、そうすれば二次感染を防ぐ事が出来ます、この冬場は特に生ものを加熱殺菌して感染予防を心がけて下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA